toggle
横浜市で歯周病治療に真摯に取り組み続けて22年の長島歯科クリニックは南区弘明寺町
横浜市|歯周病治療センター横浜:監修:長島歯科クリニック
あなたは歯科被害者ではありませんか?

最近、“がん難民”という言葉をよく耳にするようになりました。
“がん難民”というのは「医療機関にかかれない」のではなく、「治療方針に悩んだり、治療をしてくれる医師や病院を探し求めて転々としたり、行き場をなくし途方に暮れながら彷徨っているがん患者さんた」と呼びます。
医師による最初の治療方針の説明に不満を抱くか、納得できる治療方針を選べなかったと考える「がん難民」は全国で約70万人、患者全体の半数も存在します。
そのうえインターネットや書籍、テレビ、新聞などの情報に翻弄され、偏った知識ばかりが増し治療を選択することさえできなくなるのです。

歯科医療にもこれによく似たケースがあります

夕日歯科医院では多くの場合、保険証を持って行けば自動的に歯を削り、奥歯には銀歯が入る。健康保険の範囲であれば金額の説明も治療の説明も十分にはされない。患者さんは保険だから「仕方ない」「こんなもん」などとあきらめているのか?

こうした不満足が蓄積した結果、他の医院へ移るのです。そこでは前医の治療のあらを探し、問題点とし治療をすすめられる。歯科医への不信感は転医を繰り返すほどに増していくのです。

こうした歯科医院や歯科医への不満足はやがて不信感へとつながり、氾濫するインターネットやメディアの情報に溺れ、翻弄され、自分にとって最良の治療を受けられないまま歯科疾患は、ゆっくりと取り返しのつかない状態へと進んでいくのです。

まさに「ガン難民」ならぬ、「歯科難民」といえるのではないでしょうか。

本気で歯を守りたい方に、本気で守り方を教えます

定期的な歯石除去で歯は守られるのか?

口元とデンタルミラー

24時間以内に発生するプラークを除去するためには、定期検診では間に合わない。日々のご自身でのケアこそが、あなたの歯を守ってくれるのです

歯周外科手術が必要といわれた方へ

歯周外科手術が必要といわれた方へ

歯周外科手術は、確かに歯周病を改善させるためには有効な治療法です。最も言いたいことは、「手術が終わってそれで完璧!と思われていませんか?」ということです。

歯周内科療法で薬を服用し続けている方へ

歯周外科手術が、身体的・精神的苦痛を伴う手術であることや、術後に知覚過敏を併発しやすいなどのデメリットから、近年、「薬で歯周病を治す」歯周内科療法が注目されています。

歯周病治療センター横浜・新着情報
歯周病治療のゴールデンルール

私は、あなたにとってのベストな歯科医院でありたいと思っています。どうぞ、あなたの悩みや考えをお話ください。歯周病治療センター横浜では、1回1時間、3回の来院で検査、診査、診断、現状のプレゼンテーション、治療計画の提示を行います。
その間、あなたとしっかりと向き合ってお話をします。

(詳しくは当院の治療システムをご覧下さい)

長島歯科クリニック本サイトへ

長島歯科クリニック本サイトへ

初めての方へ

当サイトの解説

トピックス

トピックス